健診での良性所見とは②

2015年02月24日

*乳がん健診の良性所見とは

 

・マンモグラフィの場合・・・石灰化、リンパ節など

マンモグラフィは乳房をはさんで撮影するレントゲンですが、乳がんの場合、腫瘍そのものが写る場合と、腫瘍の作り出したカルシウム成分が写る場合があります。

このカルシウム成分を「石灰化」といいますが、もともと乳腺はカルシウムを作れるので、良性の石灰化というものも存在し、それは外見の様子で判断しています。

また、リンパ節は癌でない原因で腫れることがあり、これも良性のことが多いです。

どちらも経過観察して、大きくなったり増えたりしないかみる必要があります。

 

・超音波の場合・・・のう胞、線維腺種など

のう胞は水がたまった袋のことで、線維腺種は腺維でできた良性のこぶです。

いずれも癌とは別のものですが、癌の初期には見分けがつかないことがありますので、大きくなってきていないか、形が崩れてきてはいないか、余分なものができていないか経過を見ていくことが大事です。

 

良性所見をなくそうとしても難しいことがほとんどなので、健診で指摘されたら、変化がないか見ていくことが大切です。