花粉症の薬

2015年02月05日

使われる薬は、主に3種類です。

  1. 抗アレルギー薬の局所投与(点眼、点鼻)
  2. 点鼻ステロイド
  3. 抗アレルギー薬の内服

 

<使い分け>

・軽症の方(ほとんど日常生活に支障なく、たまに目がかゆかったり鼻水が出たりする)→抗アレルギー薬の点眼や点鼻

・中等症の方(ほぼ毎日症状があり、日常生活に支障がある)→点鼻ステロイド+抗アレルギー薬の点眼・内服

・重症の方(複数の症状があり、日常生活にかなり支障がある)→点鼻ステロイド+抗アレルギー薬の内服

・最重症の方(喘息発作を同時に起こす方)→吸入ステロイド等、呼吸器内科的治療が必要

 

妊娠中の方でも、点鼻薬や点眼薬は安全に使えますし、内服薬も種類を選んで使用することができます。ステロイドという言葉の悪いイメージのせいで使用をためらわれる方が多いのですが、局所投与は、内服よりも体に吸収される量はずっと少ないのです。

服を外に干さない、帰宅時に花粉を落とす、マスクやめがねで花粉に触れるのをガードする、という対策でだめな場合は、ご相談ください。