テーマカラー

2014年10月08日

当院のテーマカラーやロゴの設定は、
以前からお仕事をご依頼していたフォースタイルさんにお願いしました。

 

色やマークというのは、
感覚的に情報を伝える力があります。

例えば、鮮やかな赤や黄色は、最も目を引きやすい、
注意をうながすところ、例えば信号機や消防車、道路標識などでよく使います。

しかし、病院の壁が全部この色だったら疲れてしまいます。

 

病院は清潔さを表す(実際汚れが目立たないと困ります)白が基調になっています。

手術室の壁などは、血液の赤に対する補色である緑を基調にしていることが多いです。

レディスクリニックでよく見かけるのは圧倒的にピンクです。
この色は女性らしく、いかにも産婦人科らしい色です。

当院では、目指すコンセプト、イメージ、印象を総合的に判断してもらって、以下の3色が基調になっています。

 

この3色は、
クリーム:暖かさ、温和」、「ピンク:女性性、柔らか」、「ラベンダー:理知的、正確さ
を表現しています。

この3色のように、柔らかく、暖かく患者さんを受け止めつつ、確実な技術と標準的な医療を提供する、そんな姿勢を保っていけたらと思っております。