コルポスコピー外来

「子宮頸がんの精密検査」とは、子宮頸がん検診の結果が異常であった場合に行う、コルポスコピー検査と組織診のことです。

コルポスコピー検査:子宮頚部を拡大鏡(コルポスコープ)で拡大して観察する検査

組織診:病変がありそうな部分から1㎜四方ぐらいの組織を取り、どの段階か確定診断する検査

子宮頸がん検診(細胞診)の検査結果の見方

コルポスコピー

組織診で、高度異形成(CIN3)・上皮内癌(CIS)・癌は手術の対象です。

軽度異形成・中等度異形成は3~6か月ごとの定期検診になります。

高度異形成と上皮内癌は部分切除(レーザー手術、円錐切除術)で済みますので、子宮を取らなければいけない浸潤癌になる前に見つけることが大切です。

当院は、都内各医療施設と連携して、コルポスコピー検査・組織診を実施しています。
手術が必要な際は、組織診結果を共有し、迅速に手術可能施設にご紹介させていただきます。

コルポスコピー検査と組織診をご希望の場合は、月経期を避けて予約していただければ当日検査が可能です。検査後、2週間前後で結果をご説明させていただいております。

心配で緊張していらっしゃることと思いますが、なるべく痛みが少なく、迅速に検査を行う工夫をしております。

新着情報more

院長BLOGmore

予約制

お電話またはWeb予約からご予約ください

03-6447-7265

Web予約

WEB問診票

初診の方は、事前にWeb問診票をご入力のうえご来院いただくと迅速にご案内できます。