院長ブログ

ドラマ・フラジャイル(病理医 岸京一郎の所見)

昨年は産科医を取り上げたコウノドリを含め、医療ドラマが多かった印象ですが、新年からなかなか楽しみにしているドラマがあります。

13日水曜日夜10時スタートの「フラジャイル」。

フラジャイルドラマ

これは、普段その価値を意識されることが少ない(同業の医師ですら・・・)「病理医」に視点を当てたドラマです。

病理医の仕事は「病気の診断」。癌か、癌でないか、病気の正体はなんなのか、最終診断するのが仕事です。

 

たとえばこんな流れです。

患者さん「胸にしこりが・・・」→ 病院へ → 画像の検査→          乳腺外科医「検査の結果、乳がんの可能性があります。針を刺して組織のサンプルをとりましょう。検査結果は2週間後に」→ 針を刺して乳腺の組織を一部取る検査を実施

さあ、ここからが病理検査部の出番です。

組織をホルマリン固定 → 小さい組織を扱いやすく加工 → 薄くスライドグラスに張り付ける → 染色

組織

ここまで来てようやく、病理の先生が顕微鏡で診断できるようになります。

6309465_s

病理医「・・・うん、乳がんだね。乳頭腺管癌。ホルモンレセプター陽性」

この診断に基づいて、その後の検査、手術、化学療法、放射線、その他の薬物治療が全て決まります。

 

その重圧たるや、想像に難くありません。

病理の専門医になるには、

● 5年以上病理診断を行ってきた経験を持っていること
● 50件以上の迅速病理診断をしていること
● 5000件以上の病理診断の経験がある
● 20体以上の病理解剖(死体解剖資格取得)

の受験資格をクリアした上で、日本病理学会が行っている専門医試験に合格することが必要です。しかも、日々変化する医療に合わせて勉強は一生続きます。

現在日本全国に、病理医は2千人ほどしかおりません。これは、不足が叫ばれている産婦人科医(1万人)の5分の1!同じく不足しがちな麻酔科医(8千人)の4分の1!

開業するまで、そういった状況にも気づきませんでした。特に外科系では、病気の診断は全ての治療方針を決めます。改めて、病理の先生方に感謝する今日この頃です。

 

病理医を主人公にした漫画もドラマも大変珍しいです。これを機会に認知度が高まり、病理医になる医学生が出てきたり・・・するといいなあ。

 

216/1/17 追記:なんと、病理専門医は2014年で1600人前後だそうです。病理専門医平均年齢は52才とのこと。これは近い将来、診断部門が破たんしかねないことを意味します。水と安全、健康はやはり黙っていたら出てくるものではありません。自分達の手で育てていく必要がありそうです。

新着情報more

院長BLOGmore

ご予約優先(当日受診可)

03-6447-7265

診療時間以外のご予約、お問い合わせはメールにて承っております

メールでのご予約お問い合わせはこちら

問診票ダウンロード

初診の方は問診票を事前にご記入のうえご来院いただくと迅速にご案内できます。

ページの先頭へ

診療時間

休診日(木/日/祝日)

診療時間
午前 08:30~13:00
午後 14:00~17:30
(月曜:19:00まで診療 ・ 火曜:10:00~16:00診療)

アクセス

東京都渋谷区広尾5-19-7 協和ビル3階

広尾駅 2番出口から徒歩5分
詳しくはこちら