診療内容

かゆみ、おりもの、性感染症(STD)の検査

かゆみ・おりもの

おりものは白色か薄い黄色ぐらいで、軽く下着につく程度は正常です。月経周期によっても変化があり、排卵期は透明で粘り気のあるおりものが出ます。
もし、おりもののにおいが気になったり、かゆみを伴っていたり、色や量がいつもと違うときは、病気の可能性があるので受診しましょう。

カンジダ膣炎

かゆみの原因で最も多いのはカンジダ膣炎です。ぽろぽろした塊のおりものが出ることもあります。
カンジダ膣炎とは、人の体に普通に生息するカビの一種(カンジダ)によって引き起こされる外陰部・膣の炎症のことです。過労、ストレスなどの免疫力の低下により、普段は悪さをしないカンジダが異常増殖してかゆみや発赤、おりものの増加を引き起こします。また、抗生物質の内服や糖尿病の方で起こることもあります。
膣錠と軟膏でよくなりますので、早目に受診しましょう。

細菌性膣炎

カンジダ膣炎と同じぐらい多い病気です。膣の中は、乳酸菌の一種によって酸性に保たれていて、普段は雑菌が繁殖しないようになっています。しかし免疫力の低下や性交渉によって、乳酸菌の数が減ってしまうと、大腸菌などの雑菌が繁殖してしまいます。
おりものににおいがしたり、量が増えたりしていたら、細菌性膣炎の可能性があるので、検査をして抗生物質の膣錠を使います。

性感染症(STD)

セックスによって感染する病気を総称して性感染症(STD)といい、セックスの経験のある人なら誰でも感染の可能性があります。
代表的なものに、クラミジア、性器ヘルペス、コンジローマ、淋病などがあります。
性感染症にはおりものや、外陰部のかゆみや痛みなどの症状が出る場合と、自覚症状がなく検査をしないとわからない場合があります。気付かずに感染が悪化すると、不妊の原因となったり、子宮内膜炎や卵管炎などを引き起こすことがあります。また、他の人に感染を拡大させてしまうこともあります。
気になる症状や、思い当たることがあれば、まず検査をすることが大切です。感染症にかかっていることがわかったら、ピンポン感染(うつし合い)を防ぐためにも、パートナーも一緒に治療することが大切です。
なお、性感染症の予防にはコンドームが有効です。

クラミジア感染症

クラミジア・トラコマティスという病原体が原因でおこる性感染症です。男女ともに症状が少ないことが多いため感染が広がりやすく、感染は増加傾向にあります。通常のセックスだけでなく、オーラルセックスによってのどの粘膜にも感染することがあります。感染が進むと卵管の癒着による不妊症や、子宮外妊娠の原因になります。おりものの検査で診断します。

性器ヘルペス

単純ヘルペスウイルスによって感染する性感染症です。外陰部にかゆみや痛みをともなう水疱や潰瘍ができ、ひどくなると発熱やリンパ節の腫れ、排尿時や歩行時に痛むこともあります。一度感染するとウイルスが残るため、体力が落ちたときに再発を繰り返すことも少なくありませんが、再発を抑える治療法もありますのでご相談ください。

コンジローマ

ある種のヒトパピローマウイルスにより外陰部にカリフラワー様のいぼができる病気で、放置すると肛門周囲や腟にまで広がっていきます。軟膏で消えない場合は、焼灼する必要があります。ヒトパピローマウイルスによる病気のため、子宮頸がんワクチンであるガーダシルが予防に有効です。

淋病

淋菌という特殊な菌が子宮頸部に感染しておこる病気で、感染力が強いですが女性では無症状のことも多いです。(男性では、尿道から膿が出たり、排尿時痛によって気づかれることがあります)
クラミジア同様、子宮や卵管に炎症を起こすことがあるため、抗生物質の点滴や内服で治療します。

梅毒

梅毒スピロヘータという菌が感染しておこる病気で、今年に入って20代の若年層に大きな流行が見られています。感染から2~3か月して、体に細かな赤みのある発疹ができたことをきっかけに見つかることが多いです。この時期で第2期といい、8~12週間の抗生物質の内服が必要です。感染力が強く、潜伏期間や重症化までが長いので、しっかり治しておきましょう。

診療内容

ご予約優先(当日受診可)

03-6447-7265

診療時間以外のご予約、お問い合わせはメールにて承っております

メールでのご予約お問い合わせはこちら

問診票ダウンロード

初診の方は問診票を事前にご記入のうえご来院いただくと迅速にご案内できます。

ページの先頭へ

診療時間

休診日(木/日/祝日)

診療時間
午前 08:30~13:00
午後 14:00~17:30
(月曜:19:00まで診療 ・ 火曜:10:00~16:00診療)

アクセス

東京都渋谷区広尾5-19-7 協和ビル3階

広尾駅 2番出口から徒歩5分
詳しくはこちら