診療内容

婦人科

病院、特に婦人科は、かなり敷居が高い場所です。

しかし、女性は年齢による変化に伴い、その時期に特有の病気や悩みを抱える方が少なくありません。

当院は、女性のための、安心できる保健室を目指し、一般的な婦人科の悩みに幅広く対応しています。

自分の体の変化について知り、健康に過ごせるよう、検診を受けたいときや、気になる症状やお悩みがあるときは、お気軽にご相談ください。

必要時は専門の医療機関をご紹介できるよう、総合病院・大学病院などの専門機関との連携も大切にしています。

受診の仕方・診察の流れはこちら

生理の悩み(生理痛、生理不順、不正出血、PMS(月経前症候群)など)

30481260_s

月経による痛みや症状で悩んでいるのに、痛くてもがまんしている、市販の薬で対処してやりすごしている、という方が少なくありません。

重い痛みやその他の症状は日常生活に支障をきたすだけでなく、その背後には子宮の病気が潜んでいる場合もあります。

ひとりでがまんしないでまずは医師に相談してみてください。

詳しくはこちら

かゆみ、おりもの、性感染症(STD)の検査

42279994_s

おりものは月経周期によっても変化します。おりもののにおいが気になったり、色や量がいつもと違うときは、病気の可能性があるので受診しましょう。

セックスによって感染する病気を総称して性感染症といいます。代表的なものに、クラミジア、性器ヘルペス淋病、コンジローマなどがあります。

性感染症にはおりものや、外陰部のかゆみや痛みなどの症状が出る場合と、自覚症状がなく検査をしないとわからない場合がありますので、ご心配な場合はまずご相談にいらしてください。

詳しくはこちら

妊娠の悩み(妊娠希望・不妊の相談)

医療の発達とともに、不妊治療も進化し、高齢出産も増えてきましたが、一方で妊娠・出産には適齢期があり、妊娠を後回しにしすぎると、気持ちの準備が出来たときには授かりにくい身体になっていることもあります。

妊娠を考えているけれど、何から検査を受けたらいいかわからないし、いきなり体外受精メインの不妊クリニックに行くのは抵抗がある。自分の年齢や体調とあわせて、子供をいつ産むか考えたいが、今は不妊という言葉をよく聞くし、自分が排卵しているか知りたい。そんな方にこそ来ていただきたい外来です。

体外受精適応の方には実施施設のご紹介の相談にお応えします。

詳しくはこちら

避妊(ピル、アフターピル、IUS)

望まない妊娠や不妊の原因となる性感染症を避けるために、正しい避妊の知識を身に付けておくことが大切です。

当院では、低用量ピル(OC)の処方や子宮内避妊具(IUS)の装着など、その方にあった避妊法をご提案しています。

また、避妊に失敗して72時間以内に内服すると妊娠を高確率で避けることができるアフターピルも処方しております。

なお、いずれの避妊法にも性感染症の予防にはコンドームを併用しましょう。21198572_s

詳しくはこちら

更年期症状(ほてり、イライラ、性交痛など)

40歳を過ぎると卵巣機能は少しずつ低下し、女性ホルモンの分泌も次第に減少します。

閉経前後のおおむね45歳~55歳頃を更年期といい、この時期のホルモンバランスの乱れによっておこる心身の不調を更年期障害といいます。

症状の程度に応じて対処法はさまざまですが、不足した女性ホルモンを補うホルモン補充療法のほか、自律神経を整える薬や心を落ち着かせる薬の服用、漢方薬などがあります。

誰もが通る道ですので、ぜひご相談ください。

冷え、むくみ

体が冷えると血管が収縮し血液の循環が悪くなります。循環が悪いと、月経時の痛みの原因物質である「プロスタグランジン」が骨盤内に滞りやすく、痛みが強くなる原因になります。

温かい服装にし、ゆっくりお風呂につかる、湯たんぽやカイロなどを使用するなどの冷え対策で十分でない場合は、生活や栄養を見直したり、サプリメントや漢方薬が有効なことがありますのでご相談ください。

レディスドック

31803494_s

症状がなくても、年1回はレディスドックでご自分の健康のチェックを行うことをお勧めします。

検診においては、去年、一昨年、とデータを継時的に比較していくことがとても大切です。去年は大丈夫だったけれど、今年はこの結果がおかしい・・・といった場合に病気が発見されることがあるのです。

お忘れにならないよう、誕生日や記念日に受けるのも一つの方法です。

当院では、基本となる子宮がん・乳がん・卵巣がんの検診の他、ご希望に応じておりものや採血の検査での性感染症の検査、採血や超音波による一般健康診断も行っております。様々な項目がありますので、医師にご相談ください。

また、子宮頸がんの前段階である異形成の方に対して、コルポスコピー検査も行っております。

詳しくはこちら

ワクチン

妊娠を考えたら、麻疹・風疹抗体検査、ワクチン(予防接種)を受けましょう。女性だけでなく、家族の男性も予防接種することが大事です。

当院では、風疹・麻疹ワクチンの他、インフルエンザ・子宮頸がん・B型肝炎・水痘・おたふく等の予防接種を行っています。

在庫確認のため、ご希望の際は予約の際に希望のワクチンの種類をお伝えください。

詳しくはこちら

子宮頸がん検診

子宮頸がんは若い世代に多いがんです。妊娠出産にかかわるため、症状がないうちに健診で早期発見することが大切です。

子宮頸がん検診で異常があった場合、精密検査も可能です

詳しくはこちら

コルポスコピー外来

「子宮頸がんの精密検査」とは、コルポスコピー検査、組織診のことです。
コルポスコピー検査というのは、顕微鏡の一種で拡大して観察する検査です。
子宮頸がん検診の結果が異常であった場合に行います。

詳しくはこちら

診療内容

ご予約優先(当日受診可)

03-6447-7265

診療時間以外のご予約、お問い合わせはメールにて承っております

メールでのご予約お問い合わせはこちら

問診票ダウンロード

初診の方は問診票を事前にご記入のうえご来院いただくと迅速にご案内できます。

ページの先頭へ

診療時間

休診日(木/日/祝日)

診療時間
午前 08:30~13:00
午後 14:00~17:30
(月曜:19:00まで診療 ・ 火曜:10:00~16:00診療)

アクセス

東京都渋谷区広尾5-19-7 協和ビル3階

広尾駅 2番出口から徒歩5分
詳しくはこちら